こんにちは、木田昇です。
今日は、大分市神崎海水浴場砂浜の清掃活動に参加。

こうざき自然海浜公園海水浴場

地元の方やボランティアを中心に、毎月第四日曜日に海岸清掃が行われています。
「思っていたよりも、ゴミが少ないなぁ」と感じましたが、やはり「コロナ禍」だけにこんな漂着物も。

マスクごみ

そうは申しても、半時間少々の清掃でこれだけ拾いました。

拾ったゴミ

海洋プラスチックゴミが問題視されています。拾うことのできるプラスチックはまだしも、マイクロプラスチックは生態系への影響が心配。

それにしても、大分市近郊にこんな素晴らしい海水浴場があるとは。(地域の皆様の長年のお取組のお陰です)

こうざき自然海浜公園

清掃活動に続いて、次は「ハマボウ」の植樹。
「ハマボウ」は、汽水域(塩水と真水が混じる河口付近)に自生し、7月頃に黄色い花を咲かせます。

ハマボウ

県の準絶滅危惧種に指定されており、地域のボランティアの地道な取組で増殖が続けられています。

ハマボウ植樹

地域コミュニティの力合わせに敬意を表します。

でも、良いところですねぇ〜。波音を耳に潮の香りを感じながら、コーヒーでも飲んで読書に耽りたい心地になります。

豊予海峡の眺め

木田昇公式LINEはコチラ」

友だち追加←Push!