こんばんは、木田昇です。
令和2年7月豪雨の災害現地の調査のため、会派「県民クラブ」のメンバーで由布市、九重町、玖珠町、日田市を2日間かけて訪問。

災害視察

同じ大分県内ながらも、局地的な集中豪雨で甚大な被害があちらこちらに。

湯平温泉

由布市の湯平温泉。こんな大きな岩が上流から流されています。
こちらの地区では尊い命も失われる事態に。ご冥福をお祈りいたします。

阿蘇野地区

こちらは由布市の阿蘇野地区。7月豪雨災害で由布市の農業被害は全国一の規模に。

道の駅慈恩の滝くす

こちらは「道の駅 慈恩の滝くす」からの光景。
玖珠川沿いの被害は想像を超えるものでした。

天ヶ瀬温泉

こちらは、天瀬町。
玖珠川沿いに、温泉街が立ち並んでいます。2Mを超える浸水被害。

調査では被災地域の皆さんの悲痛な思い、そして県に対する沢山のご要望を承りました。
皆さんの思いを行政に繋いで、一日も早い復旧と復興を果たしていかなければなりません。

木田昇公式LINEはコチラ」

友だち追加←Push!